肩こり・頭痛

このようなことでお悩みではありませんか?

肩こりの女性

  • 肩こりがひどくなると頭痛や吐き気がする
  • 揉んだり温めてみたがその時だけである
  • 肩だけではなく首や腕もだるい
  • 眼精疲労もある
  • 光や音を敏感に感じる時がある

肩こりの女性肩こりや頭痛に悩まされている人は非常に多く、ひどくなった時は頭痛や吐き気まで伴ってしまいます。
痛みがある時に揉んでみたり温めてみると、その時だけは楽になるかもしれません。

「いつもの事」
「辛い時だけ乗り越えればいい」

ぐらいに思ってはいませんか?

姿勢の悪さ、筋肉の緊張、血行の悪さ、ストレス、天候など原因は多岐にわたり、1つ取り除けたから大丈夫ということではありません。
しっかりと原因がどこにあるのか突き止めない限り、いつまでもつらい状況が続きます。

そのまま放っておくと、筋肉の緊張だけの問題では無くなり、眼精疲労や倦怠感、疲労感、不眠など身体のあちこちに影響が出てきます。

どうして肩こりや頭痛になるの?

肩こり

長時間同じ体勢や姿勢の崩れ、同じ動作の繰り返しなどで筋肉が緊張し、その部分の血流が滞ります。老廃物が溜まり、痛みや不快感があらわれ、肩こりとなります。
肩や首、背中あたりの筋肉の緊張がずっと続くと、眼精疲労や頭痛などを引き起こします。

マッサージやストレッチをすると、一時的にはほぐすことは出来ると思います。しかし、普段からの姿勢やクセになっている動作、運動不足などが続くと再び肩がこり、頭痛へと負の連鎖に陥ります。

四十肩、五十肩

肩こりとよく混同されますが、四十肩・五十肩は肩こりとは別のものです。ポイントは「肩を動かせるかどうか」です。痛みも肩こりの様に鈍い痛みではなく鋭い痛みが特徴で、肩を動かすときにピリッと刺すような痛みがあります。腕を上げたり、背中に回すような動作が出来なくなるため、シャンプーや洗顔、着替え、洗濯物を干すといった事が出来ないので日常生活に不便さを感じます。
夜、眠れないほどの痛みに襲われることもあるので、適切な時期に対処しないと長引いてしまう可能性もあります。

緊張型頭痛

ストレスや長時間のデスクワークなど同じ姿勢が続くと、血行が悪くなり後頭部や首、肩の筋肉が凝り固まります。肩こりと伴って表れることが多く、頭全体あるいは後頭部当たりが締め付けられるような重い痛みがあります。また、めまいを感じることもあり、温めると少し楽になります。

偏頭痛

女性に多くみられ、ストレスや疲労の他、女性ホルモンが関係していることで頭痛になりやすく、頭の血管が広がり炎症を起こして痛みが生じます。ズキズキと脈を打つような強い痛み、光や音に敏感、吐き気などを伴い、頭や身体を動かすとさらにひどくなる傾向があります。
部屋を暗くし、静かに過ごせば軽くなることもあります。

群発頭痛

男性に多く、目の後ろを通っている血管が拡張し炎症が起きることで、「目をえぐられるような痛み」と表現されるぐらいの激しい痛みです。頭の片側に痛みを感じ、1~2ヶ月間毎日頭痛がする、鼻水が出るといったことが起こります。

姫路けいあい鍼灸整骨院 肩こり・頭痛の施術

人の肩に手を添える柔道整復師まずは肩こりや頭痛のつらい状態など詳しくお話を聞かせていただきながら、カウンセリングと検査をします。
お一人おひとり、身体の歪みや筋肉の状態を詳しくチェックし、どこに問題があるのか洗い出します。
それらの情報をもとに、その方に応じた施術内容で進めていきます。

身体に負担をかけるようなボキボキ音を鳴らすような手技ではなく、ソフトな手技なのでお子様からご高齢の方まで幅広い年齢層に対応できる手技です。安心して受けて頂けます。
四十肩・五十肩の様に、痛みがあり炎症が強い場合は電気機器(ハイボルテージ)を使用し、炎症を鎮めます。

凝り固まった筋肉をほぐし、表面にある筋肉だけではなく深いところにある筋肉(深層筋)までアプローチします。
筋肉に引っ張られる形で歪んでしまった身体を背骨矯正で整えていき、骨盤矯正で身体全体のバランスを調節します。
背骨矯正と骨盤矯正を組み合わせることで、痛みやだるさを取り除くことは勿論の事、肩こりや頭痛にならない、同じことをくり返さない身体を作っていきます。

スタッフ筋肉と骨格が正しく働きだせば、滞っていた血流も流れ、老廃物も排出されます。
今ある痛みだけをやわらげるには鍼も有効的ですが、根本から正すことが大切です。

重い肩こりや頭痛にもう悩まされない!
頭痛薬とさよならし、痛みの無い毎日を過ごしてみたいと思いませんか?
是非、お任せください!