捻挫・肉離れ

このようなことでお悩みではありませんか?

捻挫している男の子のイラスト

  • 同じ場所を何度も捻挫する
  • 肉離れもよく起こしやすい
  • 休んでいる間に良くなるのか不安だ
  • パフォーマンスを向上させたい
  • 試合前にコンディションを整えたい

ジョギングする女性スポーツをしていると、他の選手と激しくぶつかったり、転倒して身体を強く打つ事がありますよね。
お子様の部活動から、大人の本格的なスポーツ、手軽に始められるジョギングなど幅広い世代が親しんでいるスポーツ。
運動不足や筋肉疲労、思わぬアクシデントなどでケガをしてしまう事が多く、その中でも捻挫や肉離れは1番多いケガではないでしょうか。

冷やして安静にしていれば、そのうち良くなるだろうと自己流で処置をしてしまうと後々、クセになってしまい、ケガを繰り返してしまう身体になってしまいます
そして、痛みを我慢しながらかばい続けていると、他の場所に負担がかかり関係が無かった部分にまで痛みや不調が出てきてしまいます。

そうなってしまっては元の動ける身体を取り戻すのに、非常に時間がかかってしまいます。

しっかりと適切な時期に専門の応急処置、施術を受ける事が、今後もケガに悩まずに身体を思いっきり動かせるかという、非常に重要なポイントとなります。

スポーツでのケガ

捻挫

捻挫は漢字に使われている通り、「捻る(ひねる)」「挫く(くじく)」ということで、関節に不自然な強い力が加わり、関節を支えている靭帯が傷ついてしまう状態です。
足首、手首、指の付け根、肩や膝など関節ならどこでも起こりえます。
スポーツではジャンプなど足首に起こる事が多く、突き指も捻挫の一種です。また、日常生活でも階段を踏み外したり、転倒して手を突くような場合にも多く発生します。

肉離れ

急に無理な動作をしたときに起こり、筋膜や筋線維が傷ついたり裂けたりすることです。
激痛で、それ以上運動を続けることも出来なくなり、ときには「プチッ」と音が聞こえることもあります。
急なダッシュやジャンプ、事前のウォーミングアップを怠る、筋肉疲労の蓄積などが肉離れを起こす要因となります。
普段からストレッチなど準備運動をするなど、予防の意味でも心掛けることが大切です。

腱鞘炎

同じ動作の繰り返しでおこる、使い痛みのことです。
手首に負担がかかりやすい子育て中の方や主婦の方、グリップやボールなどを握るようなスポーツ、パソコンのキーボード操作、長時間のスマートフォン操作、楽器演奏者などに多くみられます。
特に、女性の方は家事などで手首を使うことが多いので、一度腱鞘炎になってしまうと、なかなか家事を休むことが出来ず、良くなるのに時間がかかってしまう場合があります。

姫路けいあい鍼灸整骨院では、これらの他に野球やテニス、ゴルフなどのひじの痛み、オスグッド病、ランナー膝のような、スポーツ障害全般をみることが出来ます!

姫路けいあい鍼灸整骨院 捻挫・肉離れ施術法

施術写真まずは、カウンセリングと検査で入念に身体全体を把握します。
痛みをかばい続けた身体は歪んでしまい、他の部分にも負担がかかっています。今ある痛みや不調だけではなく、身体全体をチェックすることで問題となっている箇所を探り出し、徹底的に身体を根本から調整します。

捻挫や肉離れを起こしている身体は、痛みがあり炎症が強く、そういう場合はいきなり、お身体を触らずに電気機器(ハイボルテージ)を使用し、筋肉の深部にまで届く器械で素早く炎症を鎮めます。

その後、身体への負担が少ない手技で固まってしまった筋肉・靭帯の調整、必要であれば骨盤矯正や各種矯正、その方のケガの具合に合わせ、関節の歪みを整えます。関節を元の位置に戻すことにより、捻挫などケガを繰り返さない身体を作っていきます。

私もスポーツ経験者で、ケガには泣かされてきました。
スポーツでケガをした人、運動を休まざるを得ない人の気持ちが分かります。
是非一度、ご相談ください。
早めの対応が鍵となります!