腰痛

このようなことでお悩みではありませんか?

腰痛のイラスト

  • 腰痛は慢性的なものだと諦めている
  • ぎっくり腰を何度も繰り返す
  • 腰をかばいながら生活をしている
  • 他の場所も痛くなってきた
  • 思いっきり趣味やスポーツが出来ない

腰を押さえる女性腰痛は、急に激しい痛みを伴うぎっくり腰のようなものから、慢性的に腰が痛むものまで色々あり、痛みも腰だけではなく背中や足にかけて痛くなるなど様々あります。

仕事や家事などで長時間同じ姿勢でいる方、重い荷物を持ち上げる方、お子様の抱っこなど腰に負担がかかる動作を繰り返すことにより、痛めてしまう方が多いです。

腰痛を感じる時だけ湿布を貼ったり、マッサージをしても一時は和らぐと思います。
しかし、それだけでは表面的な部分が楽になっただけで、決して腰痛が良くなったとは言えません。

腰痛を放っておくとダメなの?

ぎっくり腰になった男性のイラスト腰の痛みをかばいながら日常を送っていると、ますます筋肉は疲弊し、段々と姿勢も悪くなります。そうなると、単なる腰の痛みだけだったのが、動かすこともつらい激しい痛みのぎっくり腰や、しびれを伴う椎間板ヘルニアなど、もっと深刻な悩みへと繋がってしまいます。

仕事や家事の効率も下がり、痛みにびくびくしてお子様を思いっきり抱っこ出来ない、大好きな趣味やスポーツに打ち込めないなど、日常生活に支障をきたしてしまいます。

腰痛にもタイプがあります

腰回りの筋肉に負担がかかり姿勢が崩れている

  • デスクワークなど長時間同じ姿勢が続く
  • 介護や育児で前かがみの姿勢
  • 妊娠中の方、子供の抱っこ

このような動作を繰り返していると姿勢が崩れ、腰の筋肉に負担がかかります。
筋肉疲労を起こすと、血流の流れも悪くなり、慢性的な腰痛となります。

慢性的な筋肉疲労に急激な力が加わる

  • 重いものを持ち上げたりなど運搬作業
  • 腰をひねるようなスポーツ
  • 床に落ちたものを拾おうとした

引っ越しや運搬作業で重い荷物を繰り返し運んだり、腰をひねるような動作があるスポーツ、落としたものを拾おうとして屈んだり、くしゃみや咳などふとした瞬間に、腰の筋肉に強い力が加わると、いわゆる、ぎっくり腰になります。これは、筋肉の緊張状態が積み重なり急激な力がプラスされ引き起こされる激しい痛みです。

椎間板の柔軟性を失う

  • 加齢や運動不足
  • 事故などで大きな衝突を受ける
  • 悪い姿勢

背骨にはゼリー状でクッションのような役割をしている、椎間板というものがあります。
椎間板は縦方向の圧力には強いのですが、曲がったりひねったりする方向には比較的弱く、加齢や長時間の重労働などで椎間板が飛び出してしまい、神経を圧迫し痛みやしびれを生じさせる椎間板ヘルニアになります。

姫路けいあい鍼灸整骨院の腰痛施術法

施術写真姫路けいあい鍼灸整骨院では、どのような腰の痛みなのか詳しくお話をお聞きし、どこに原因があるのか身体全体を丁寧に検査します。
カウンセリングと検査を基に、手技をメインにした骨盤矯正・背骨矯正で身体の歪みを整えていきます。

ずっと緊張状態にあった筋肉をソフトな手技でほぐしていき、身体の歪みを正していきます。痛みが強い、炎症がある場合は、より深い筋肉にまで到達させ早く炎症を鎮める作用があるハイボルトといった電気機器を使用します。

説明している様子単に筋肉だけをマッサージするのではなく、骨盤など骨格からしっかりと整えるので、長年の腰痛、繰り返すぎっくり腰にもう悩まなくても済むようになります。

痛みは千差万別です。その方に応じた内容でアプローチします。
優しい手技ですので幅広い年齢層の方に、安心して受けて頂けます。

旅行や趣味、スポーツ、諦めなくても良いんです!
びくびくしないで、思いっきりお子様も抱っこ出来ます!
腰痛でお困りなら、是非お任せください!